採用事例(2) 株式会社シンメイ様・ソラマネ

日付:2017年05月30日 火曜日
テーマプロダクト&サービス

こんにちは。IIJ 湯澤です。
前回ご紹介いたしました会津太陽光発電株式会社様に続きまして、
今回も「IIJスマートメーターBルート活用サービス」を利用して発電施設の監視サービスを展開されている企業をご紹介いたします。

株式会社シンメイ

株式会社シンメイ様は、秋葉原の「Enegroove(エネグルーブ)」を拠点として、
太陽光発電所、風力発電所、地熱発電所向けの監視システムを開発・提供している企業です。
発電施設への監視カメラ導入および太陽光発電監視システムの提供が主な事業で、全国50か所以上の発電施設の監視業務を行っています。
IIJのサービスは、同社の監視システム「ソラマネ」の補完として、簡便かつ正確に売電量を計測することを目的にご採用いただきました。

太陽光発電所監視システム「ソラマネ」

シンメイ様の太陽光発電所監視システム「ソラマネ」の特徴をご紹介いたします。

1.パワコン、集電箱、ストリングス単位で各設備の発電量を計測し、会員専用サイトにて見える化(グラフ表示)

2.気象データを活用し、リアルタイムで精度の高い発電所の健康チェックを実施

3.全ての発電設備を中央管制センターで集中管理し、障害発生時には現場駆け付けによるオンサイト保守を実施

高圧向けサービスも採用

シンメイ様には、低圧向けサービスだけでなく、高圧向けサービスにつきましてもご採用いただいています。
サービス選定のポイントは、導入時の手軽さと、正確な売電量の取得が行えることだと教えていただきましたが、最もご評価いただいた点は、APIによる既存システムとの連携が可能であった点です。APIが選定の大きな決め手となりました。

高圧発電所用の既存システムでの計測データと、高圧Bルート活用サービス経由で取得したデータを比較することで、既存システム全体の信頼性を向上させることにも大きく貢献しているとのことです。
太陽光発電所(低圧) 2区画向け設置風景

株式会社シンメイ 代表取締役社長
李 信明(リ シンミョン)様からのメッセージ

「メガソーラーの場合、発電所が停止すると、たった1日で約15万円の売電ロスが発生します。
発電設備の「健康状態」を常に把握し、的確なアドバイスと対応を行うことで、
お客様の資産を守り、利益を最大化できるよう努めていくことが弊社の使命と考えます。」

いかがでしたでしょうか。IIJのBルート活用サービスは、発電所向け監視システムと連携できるので、監視サービスの付加価値を高めることができます。
今後もお客様に様々な用途でご利用いただけるよう、サービスの企画・改善に取り組んでいきたいと思います。

<お問い合わせ先:echonet-info@iij.ad.jp>